高校卒業後に海外の大学留学を目指す

高校卒業後の進学先として、海外の大学留学を選ぶ人は増えている。費用の面で見てみても、日本のように高額な入学金というものがないし、海外の大学は寮を持っているところが多いので、食費も抑えられる。留学先の国やエリア、大学によって異なるが、場合によっては、日本で地方から東京の大学にアパートを借りながら通うよりも、海外の大学に留学する方が安くあがることだってあるのだ。

日本と異なる留学システム

教育システムの違いや語学力不足から、日本の高校卒業後、海外の大学に直接進学できるケースは少ない。最初に1年間の予備コースを選択するのが一般的だ。しかし、オーストラリアなどの大学にみられるように、予備コース修了と同時に大学2年に編入できるところもあり、予備コースを含めてもトータル3年間で卒業することも可能なのだ。
海外では日本の大学と異なり、筆記試験を行って合否判定をする国はあまりなく、多くの国の大学はまず書類選考を行う。例えばアメリカとイギリスでは対照的な留学生受け入れ制度を設けている。主な国の大学の概要と進学事情を、ここでざっと紹介しておこう。

留学制度の充実した大学・専門学校に進学する

日本にある大学・専門学校の中にも、留学制度が整ったところが増加しつつある。大学1年目は自動的に海外の大学で学ぶシステムになっている大学もあれば、2年次より海外の大学やカレッジに編入するシステムもあり、様々だ。こうした大学に進学して、スムーズに留学を経験するのもひとつの方法だろう。

海外の大学に編入して卒業を目指す

現在、日本の大学に在籍していても、休学せずに海外に大学に編入して卒業を目指すことは可能だ。アメリカやオーストラリアなどでは、大学間での単位の移行を認める制度があり、移行した単位は、編入先の大学の単位に置き換えることができるのだ。この制度を利用すれば、卒業までに取るべき単位数が少なくて済むため、留学生活に余裕を持つことができる。まずは、現在通っている大学で、単位移行に関する協定を結んだ海外提携校があるかどうかを調べてみよう。→海外の大学に移行できる単位取得について、もっと詳しく

もし、もっと広い選択肢から探したい場合は、留学手配団体のカウンセリングを受けて世界の中から自分にあった大学を探してみよう。